2007年08月31日

キムミンジュン、蛇の刺青+深い傷跡、ギョッとするチンピラで破格的変身

200708301314401001_1.jpg
柔らかい男キムミンジュンが薄気味悪いチンピラに変身した。

キムミンジュンはクァクギョンテク監督の新作「愛」で、悪辣なチンピラ、チグォン役を引き受け、新しい変身を夢見る。

これまで粹なイメージで愛されて来たキムミンジュンが、「愛」でデビュー以来初めて悪役を引き受け、荒い訛りと顔の傷跡、 蛇の刺青など、以前のダンディな姿とは全然違った姿を披露する。

SBS「プラハの恋人」「外科医ポンダリィ」などで多情多感なキャラクターを披露したキムミンジュンはね「愛」のシナリオを見るやいなやクァクギョンテク監督を直接訪ね、「誰もキムミンジュンだと見分ける事が出来ない位に、確かな演技変身をしたい。」と、チンピラチグォン役を自ら要望した。

「愛」でチグォン(キムミンジュン)はイノ(チュジンモ)の人生を狂わせるようにし、ミジュ(パクシヨン)との別離のきっかけを提供する人物だ。

キムミンジュンはキャスティングが決まった後、アップスタイルの髪と顔の傷跡、身体と手の独特の蛇の刺青など、必要な扮装に対して直接アイディアを出す熱心さを見せた。

また、キムミンジュンの刺青は映画「卑劣な通り」でチョインソンの竜の刺青を担当したレイ氏が引き受けて話題になっている。レイ氏は「不動の姿勢で刺青作業をしなければならないが、キムミンジュンはどんな不便も厭わなかった。」「キムミンジュンの熱情に毎度驚いた。」と打ち明けた。

一方、キムミンジュンのこのような熱情に対してクァク監督は「主演をする俳優が、このような悪役を自ら要望したことも驚くべきだったが、劇中キャラクターを完璧に消化した。」「私には思いがけない贈り物のような俳優。」と称賛した。

デビュー以来初めて悪役を引き受けたキムミンジュンの破格的変身が期待される「愛」は、一人の男の熱い生を盛った映画で、9月 20日封切られる。

キムミヨン記者 grandmy@newsen.com

[newsen]2007-08-30 14:13:04

次項有キムミンジュン、物凄い悪役で破格的変身
sportsseoul]2007/08/30 20:04
TV[動画/予告編] 「愛」のキムミンジュンから「台風」のチャンドンゴンが見える?
ahatv] 2007-08-28 15:56
TV[動画/監督インタビュー]「愛」クァクギョンテク「キムミンジュン演技に対する情熱に感動」
ahatv]2007-08-28 15:07
posted by rika1999 at 09:16| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

クァクギョンテク監督「キムミンジュンは思いがけない大きい贈り物」

200708281228232300_1.jpg
クァクギョンテク監督が映画「愛」に出演したキムミンジュンを “思いがけない大きい贈り物”と称賛を惜しまなかった。

クァク監督は 28日午前、ソウル論硯洞インペリアルパレスホテルで開かれた制作報告会で、主人公チュジンモを含めてパクシヨン・チュヒョンに対する称賛に引き続き「キムミンジュンがこの映画に出演したことは思いがけない大きい贈り物を貰ったようだった。」と話した。 その理由に対して「キムミンジュン本人が直接訪ねて来て、撮影をしながら私が頼んだことを100%以上に努力してくれた。」と付け加えた。

特にクァク監督はキムミンジュンが、映画の中で肩を刃物で刺され、顔を傾き加減にさせなければならなかったが、(劇中での別称も‘ピタッギ’だ) そんな姿を表現する為に筋肉を捉えるバンドを利用して、自ら自然に筋肉を不便にさせて来たエピソードを公開、「そんなキムミンジュンの姿を見て感動した。」と打ち明けた。

「愛」は捨てることも持つことも出来ない愛にすべてを賭けた荒い男の熱い生を描いた映画だ。キムミンジュンは受けただけ返すことが生の方式と噂の悪質チグォン役を引き受けた。

「チング」「トンゲ」「台風」を演出したクァクギョンテク監督の新作「愛」は9月20日封切りする。

パクジュンボム記者pharos@osen.co.kr

[OSEN] 2007-08-28 12:57:37
posted by rika1999 at 23:51| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キムミンジュン、花美男脱いで悪辣なチンピラに破格的変身

俳優キムミンジュンの演技変身が目を引く。

28日午前、ソウル・ノンヒョン洞インペリアルパレスホテルで開かれた映画「愛」の制作報告会で公開された映画の予告篇の中で、キムミンジュンが破格的な姿を披露した。

「チング」「台風」などを演出したクァクギョンテク監督の7番目の映画「愛」は、愛にすべてを捧げる男の話を描いたメロドラマ。今度の映画で悪辣なチンピラ'チグォン' 役を引き受けたキムミンジュンは、既存の花美男イメージを脱いで荒い男の姿を披露する計画だ。

普段からハンサムなルックスよりは、演技に対する欲心を表して来たキムミンジュンは、友情出演した映画「愛」でヘアスタイルとメーキャップを変えて破格的な変身を予告している。劇中、キムミンジュンが引き受けた 'チグォン'は、 '受けただけ、やり返すこと'が生の方式と噂の悪質チンピラだ。主人公チュジンモと対決構図を成して、復讐の為に刃を研ぐさもしい姿と強姦まで犯す残酷な面まで破格的なキャラクターを演じる。

慶尚道出身で口に慣れた訛り演技を披露するキムミンジュンは、目を強調した濃いメーキャップと前髪を皆立て上げた不良らしいヘアスタイルで、既存の姿を脱ぎ捨ててしまった。既存の善良で都市的な美男のイメージを捨てて、ばたや 'チグォン'に扮したキムミンジュンが見せる俳優としての真価が期待を集める。

チョンミョンファ記者some@joynews24.com

joynews24]2007/ 08/29 07:20
posted by rika1999 at 23:28| ■映画「愛」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

キムミンジュン「イヨウォンはとてつもない体力の持ち主」

「外科医ポンダリィ」日本放映決定記者会見

ドラマ「茶母」「プラハの恋人」「アイルランド」などで印象的な演技を繰り広げて知名度を広げて行っているキムミンジュンが、ファンミーティングの為に24日、日本を訪問した。

25日、神奈川県民ホールで開かれる単独ファンミーティングに先立ち、24日午後、ホテルラフォーレ東京でSBSドラマ「外科医ポンダリィ」の日本放映決定に合わせて記者会見が開かれた。

アジアドラマチックTVを通じて韓流ドラマを紹介しているSo-netは、「外科医ポンダリィ」を来年春に放送することに決定、来月25日にはキムミンジュンの日本公式ファンクラブを発足すると発表した。

この席でキムミンジュンは「'白い巨搭'が政治的素材を加味したことに比べて '外科医ポンダリィ'はヒューマンラブストーリー。」と紹介した後「メディカルドラマの派手な見かけとは違い、実際の撮影は苛酷な条件の中で成り立った。」と付け加えた。

彼は「実際の病院で長期間撮影が成り立って肉体的に大変だった。」と言いながらも「イボンス(アンジュングン) 先輩のユーモアは、どんな清凉飲料水よりももっと爽やかだった。」と紹介した。また「イヨウォン(ポンダリィ) さんは本当にとてつもない体力を持った俳優で、長期間の撮影にも見かけよりずっと身軽そうだった。」「集中力と勝負欲が凄くて、生まれながらの俳優の気質を持っている。」と褒めた。
配役に対する難しさとしては、まだ結婚もしてなくて、苦しむ子供を持った父親の感情が正確には分からなかった点を指折り、人の心までも撫でてくれる医師が必要だという気がしたと打ち明けた。

日本国内で「アイルランド」の評価が高いという記者の質問に「あのドラマが愛されているという現象そのものが狼狽する。」と率直に返事をした後、「韓国では大衆的な人気を集めることが出来なかったし、制作陣の中でも解釈がまちまちだったが、その意味がちゃんと伝達したかどうか疑わしい。」と話した。

モデル出身らしく、ドラマの中の衣装に対する質問が出ると「医師の白衣は趣より機能的な服だから、私にはよく似合わない。」「'茶母'では本当に重くて面倒だった。しかし、 'プラハの恋人'では趣という趣はすべて使ってみたようだ。」と評価した。

写真を楽しんで撮る趣味に関しては「記憶力があまり良くなくて、一番効率的な道具でカメラが好きだ。写真は私の記憶の延長で、綺麗な写真よりは私の目に一番近いものを残すのを楽しんでいる。目に見えるのを、どの位率直で正確に残すかに関心がある。」と明らかにした。

この日の記者会見にはSo-netのマスコット 'MOMO'が記者として参加、手紙を伝達する場面も演出されて取材陣のフラッシュの洗礼を受けた。

イテムン通信員 =gounworld@yna.co.kr

[東京=連合ニュース]2007/08/25 12:57
posted by rika1999 at 14:08| ■TOPICS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。