2008年05月31日

キムミンジュン、SBSドラマ「タチャ」主人公にキャスティング

俳優キムミンジュンがSBS下半期の大作「タチャ」に電撃キャスティングされた。

「タチャ」は漫画家ホヨンマンの同名原作を素材にするドラマで、2006年にはチョスンウ・キムヘス・キムユンソクを主人公に映画化され、680万名の観客を動員して歴代韓国映画興行順位 7位に上がるなどした作品だ。

それだけに、果して誰が今回のドラマの主演俳優に指名されるか大きい関心を集めたが、結局、キムミンジュンがヨンミン役にキャスティングされた。もう一人の主人公 'コニ' 役にはチャンヒョクが熱演する。

キムミンジュンの演じるヨンミンはアグィ(キムガブス)の甥で、ハンサムなルックス、すらっとした身体、そして鋭い拳を持ったカリスマ溢れる人物だ。アグィの下でタチャ(いかさま師)へと成長し、幼い時代にコニ(チャンヒョク)と友達になるが、結局、コニとは敵になるしかない運命を持った人物だ。

「タチャ」の制作社(株)オリーブナインのある関係者は「ドラマ 'タチャ'は原作や映画とは違う企画で制作されるだろう。勿論、原作に充実ではあるが、ヨンミンのように新しい人物を追加したし、より生々しいいかさま師たちの生と、これを通じた教訓を盛り出すこと。」と明らかにした。

キムミンジュンとチャンヒョク以外に、アグィ役にはキムガブス、コグァンニョル役にはソンヒョンジュがキャスティングされた。

総20部で制作される「タチャ」は来る7月から本格的な撮影に入って行き、9月に放送される予定だ。

パクジェドク記者 avalo@joynews24.com

[joynews]
posted by rika1999 at 20:57| ■SBSドラマ「タチャ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

【続報記事修正】キムミンジュン、ドラマ「タチャ(いかさま師)」アグィ(餓鬼)役でキャスティング⇒⇒[修正記事]アグィの甥ヨンミン役

タレントキムミンジュンが、SBS下半期の期待作「タチャ(いかさま師)」にキャスティングされた。

キムミンジュンは「タチャ」の勝負師ヨンミン役を引き受けて破格変身を予告している。ヨンミンは素早くてカリスマある人物で、叔父である ‘アグィ’に賭博秘法の師事を受ける人物だ。ドラマの主人公であるコニと並んで、ドラマを導いて行く重要な役だ。

キムミンジュンは「タチャ」の勝負師アグィ(餓鬼)役を引き受けた。破格的な悪役変身を予告している。アグィは映画「タチャ」でキムユンソクが引き受けて注目を引いたキャラクター。ドラマの主人公であるコニとは対照点に立ってドラマを導いて行く重要な役だ。

2003年、MBCのフュージョン史劇「茶母」のチャンソンベクを引き受けて高い人気を集めたキムミンジュンは、最近までドラマでは主にエリートフンナムを引き受けて来た。SBS「プラハの恋人」、OCN「Someday」とSBS「外科医ポンダリィ」、KBS-2TV「インスンは綺麗だ」で、それぞ家柄も良くて性格も良いハンサムな検事、医師、記者を相次いで引き受けて来た。

キムミンジュンが既存のフンナムイメージを振り払い、アグィヨンミンにキャスティングされたのは、2007年に封切られた映画「愛」の影響が大きかった。この作品でキムミンジュンは、顔にある刃物後の傷跡が印象的な釜山のヤクザ、チグォンに変身、荒くて鮮やかな釜山訛りで裏通りの世界を赤裸裸に表現して好評を博した。ドラマ「タチャ」の制作陣はチグォンを熱演したキムミンジュンから強い影響を受けたと言う。

「タチャ」は漫画家ホヨンマンの同名原作を素材に、スクリーンに引き続きテレビ劇場でも波瀾を予告している。2006年に封切りした映画はチョスンウ・キムヘス・キムユンソク・パクユンシクらの好演に負って680万名の観客を集め、歴代韓国映画興行順位7位に上がった。

映画が封切られた当時、漫画の中のキャラクターとスクリーンの俳優たちを比べる楽しさが特別だったとすれば、今度のドラマ「タチャ」は漫画は勿論、映画の中のキャラクターとの比較という新しい楽しさが追加された。

‘アグィ’役にはキムガブスがキャスティングされた。キムミンジュンキムガブスも映画で猛烈な活躍したキムユンソクとの比較が不可避になった。演劇俳優出身のキムユンソクは、映画「タチャ」のアグィを通じて新しく能力を認められ、その勢いに乗って「追撃者」で成功、忠武路渉外0順位俳優に立ち上がった。

SBSのドラマ関係者は「ドラマ‘タチャ’は映画‘タチャ’とストーリーが違う。」「キムミンジュンさんの比重は男性主人公と大きい差がない重要な役になるだろう。」と話した。

SBS ドラマ関係者は「ドラマ ‘タチャ’は映画 ‘タチャ’とストーリーが違う。」「アグィ役にキムガブス、コグァニョル役にはソンヒョンジュがキャスティングが完了した。キムミンジュンさんは現在、契約書に判は押していないが、 90% 程キャスティングが完了した状態。」と話した。

イユナ記者 lyn@donga.com

東亜日報]2008.05.06 07:49
posted by rika1999 at 13:01| ■SBSドラマ「タチャ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キムミンジュン、ドラマ「タチャ(いかさま師)」アグィ(餓鬼)役でキャスティング

タレントキムミンジュンが、SBS下半期の期待作「タチャ(いかさま師)」にキャスティングされた。

キムミンジュンは「タチャ」の勝負師アグィ(餓鬼)役を引き受けた。破格的な悪役変身を予告している。アグィは映画「タチャ」でキムユンソクが引き受けて注目を引いたキャラクター。ドラマの主人公であるコニとは対照点に立ってドラマを導いて行く重要な役だ。

2003年、MBCのフュージョン史劇「茶母」のチャンソンベクを引き受けて高い人気を集めたキムミンジュンは、最近までドラマでは主にエリートフンナムを引き受けて来た。SBS「プラハの恋人」、OCN「Someday」とSBS「外科医ポンダリィ」、KBS-2TV「インスンは綺麗だ」で、それぞ家柄も良くて性格も良いハンサムな検事、医師、記者を相次いで引き受けて来た。


キムミンジュンが既存のフンナムイメージを振り払い、アグィにキャスティングされたのは、2007年に封切られた映画「愛」の影響が大きかった。この作品でキムミンジュンは、顔にある刃物後の傷跡が印象的な釜山のヤクザ、チグォンに変身、荒くて鮮やかな釜山訛りで裏通りの世界を赤裸裸に表現して好評を博した。ドラマ「タチャ」の制作陣はチグォンを熱演したキムミンジュンから強い影響を受けたと言う。

「タチャ」は漫画家ホヨンマンの同名原作を素材に、スクリーンに引き続きテレビ劇場でも波瀾を予告している。2006年に封切りした映画はチョスンウ・キムヘス・キムユンソク・パクユンシクらの好演に負って680万名の観客を集め、歴代韓国映画興行順位7位に上がった。

映画が封切られた当時、漫画の中のキャラクターとスクリーンの俳優たちを比べる楽しさが特別だったとすれば、今度のドラマ「タチャ」は漫画は勿論、映画の中のキャラクターとの比較という新しい楽しさが追加された。

キムミンジュンも映画で猛烈な活躍したキムユンソクとの比較が不可避になった。演劇俳優出身のキムユンソクは、映画「タチャ」のアグィを通じて新しく能力を認められ、その勢いに乗って「追撃者」で成功、忠武路渉外0順位俳優に立ち上がった。

SBSのドラマ関係者は「ドラマ‘タチャ’は映画‘タチャ’とストーリーが違う。」「キムミンジュンさんの比重は男性主人公と大きい差がない重要な役になるだろう。」と話した。

イユナ記者 lyn@donga.com

東亜日報]2008.05.06 07:49

キムミンジュン、SBS「タチャ」のアグィにキャスティング

タレントキムミンジュンがSBSドラマ「タチャ」にキャスティングされた。

「タチャ」のある制作陣は6日、「キムミンジュンが'タチャ'のギャンブラーアグィ役にキャスティングされた。」と明らかにした。

アグィは映画「タチャ」でキムユンソクが引き受け、個性溢れる演技で注目を浴びたキャラクターだ。

キムミンジュンが出演を確定することにより、制作陣は現在、もう一人の男性主人公のキャスティングに熱を上げている。これは、男性主人公が確定してこそ、映画「タチャ」でキムヘスがしたチョンマダムなどの役のキャスティングが可能な為だ。

当初、キムミンジュンと共に俳優J君が嘱望されたが、最近出演が不発に終わった。これに伴い、制作陣は新しい人物をキャスティング中だ。

一方、ドラマ「タチャ」は漫画家ホヨンマンの同名原作をドラマにした作品で、去る2006年に映画で作られて大きい興行を記録した。現在「タチャ」は、SBSドラマ「不良主婦」を執筆したカンウンジョン、ソルジュンソク作家が台本を引き受けて執筆中だ。

キムジヨン記者

star.moneytoday]05/06 09:13
posted by rika1999 at 09:26| ■SBSドラマ「タチャ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。