2008年09月15日

【「タチャ」制作発表会】釜山の友達チャンヒョク・キムミンジュン、並んで 'タチャ' になる

釜山出身の友の仲..SBS「タチャ」で初呼吸
NISI20080908_0000007283_web.jpg
釜山出身の同い年の友達の仲であるチャンヒョク(32)とキムミンジュン(32)が、一つのドラマで初めて会った。

二人は16日顔見せするSBS-TV「タチャ」で、コニとヨンミン役を引き受け、並んでタチャに挑戦する。

8日午後、木洞のSBSで開かれた「タチャ」の制作発表会でチャンヒョクは「原作漫画や映画で表現されたコニ固有のキャラクターがあって負担があるが、それよりは自分だけの新しいキャラクターを作って行くという考えで面白く作業している。」と話した。

彼は「ドラマの為に賭博修業を別に受けたが、 'あの程度すれば、人を欺くことが出来るんだな' と感じた。タチャたちが自分の前で、分かるかと言って技術を見せるのを見ても、分からなかった。」と笑った。

コニは映画でチョスンウが演じた役。賭博で世に背いた父親のせいで賭博は意図的に避けるものの、天性のタチャだ。

チャンヒョクは「今回表現するコニは、これまで見られたコニとはまた別のキャラクター。」と話し「イヒョンセさんの漫画の主人公である鵲みたいな感じがするようだ。」と話した。
キムミンジュンは「身体がすごく大変で、精神力で堪えなければならない瞬間が始まるようだ。しかし、撮影場で '血が騒ぐな'という気がする程に、本当に素敵な作品が誕生するようだ。」と明るい顔をした。

彼の引き受けたヨンミンは、原作漫画や映画には登場しなかったキャラクター。唯一の血縁だった祖母を、貧乏の為に失って、冷血なタチャに変わる人物だ。それと共に竹馬の友コニと対敵するようになる。
200809081523561117_1trw.jpg
キムミンジュンは「ヨンミンはとても魅力あるキャラクターだ。ちょっと誇張して言えば、映画 'スターウォーズ'でアナキン・スカイウォーカーがダースベイターに変わったようなキャラクターだ。それで人間的な切なさが感じられる。」と話した。

映画「愛」で男らしい演技を繰り広げて話題を集めた彼は「今回のドラマでは、線の細さから太い演技まですべて消化する。」と笑った後「このドラマをしなければ後悔するような明らかな感じがして選択した。」と付け加えた。
劇中、コニとヨンミンは釜山で一緒に成長した友達の仲だ。ところで、チャンヒョクとキムミンジュンが実際に釜山出身の友達だ。

二人は「どうしても故郷の言葉を使うから、遥かに情緒的に楽だという感じがする。」「劇中では高校時代から演じるから、昔の考えがたくさん出て来る。釜山で学生時代に実際によく行った美味しい店が同じだ。」と笑った。

キムミンジュンは「中学校の時の私と極めて親しかった友達が、どういうわけか高等学校ではヒョクと親しい関係になった。それで自然にヒョクを知るようになった。この頃も、撮影場にその友達が遊びに来る。」と話した。
NISI20080908_0000007277_web46.jpg
映画「タチャ」では賭博の派手な世界が比較的具体的に描かれた。 しかし、地上派のTVドラマで誕生する「タチャ」には、確かに表現の限界がある。

演出を引き受けたカンシンヒョPDは「あまりにも有名な漫画の原作と映画に引き続いてドラマで作るのが負担が大きく、TVドラマで解き難い部分も多くて試行錯誤もたくさん経験した。」「しかし、賭博という人事の一断面を通じて、色々な人間群像の姿を視聴者と共有したい。」と話した。

カンPDは「ドラマを準備しながら、本当のタチャにチャンヒョクさんとキムミンジュンさんが教育を受けたが、当時、その方が体の調子が悪くて病院の寝床で教育を受けなければならなかった。その日、予告もなしにその方の奥さんが病室にやって来て、その時、急に花札を片付けて隠していた。家族はその方がタチャだというのを全然知らないということだった。」「ドラマ 'タチャ'では、映画や漫画より主人公たちの生の哀歓をよりたくさん表現することになりそうだ。」と話した。

ユンゴウン記者 = pretty@yna.co.kr

[連合ニュース]2008/09/08 16:35
posted by rika1999 at 19:43| ■SBSドラマ「タチャ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。