2008年11月26日

「タチャ」キムミンジュン "ヨンミン役、長い間忘れることが出来ないキャラクター"

22687_23637_2334etrete.jpgSBS月火ドラマ「タチャ」のキムミンジュンが、劇中悲壮な最後を迎えるヨンミンに対して、長い間忘れることが出来ないキャラクターだと愛情を見せた。

来る25日の終放を控えている「タチャ」は最終回で、ヨンミン(キムミンジュン)がナンスク(ハンイェスル)の命を救う為に代わりに弾を当たることと伝えられた。

'孤独なキラー' ヨンミンが、結局愛した女人の胸に抱かれて悲壮な最後を締め括るのだ。

学生時代から毒々しい友情を分けたコニ(チャンヒョク)とヨンミンは、賭博によって行き違った運命の道を歩いて来た。不本意ながら敵になるしかなかったヨンミンは、その為に愛するヨンスクも背かなければならなかった。

ヨンミンはナンスクの恋人コニに殺人の濡れ衣を着せたという罪責感に苦しむ。ヨンミンは繰り返される悪縁の輪を切る為、自首を決心、自分を恋慕したチョンマダム(カンソンヨン)にも別れの手紙を残す。

しかし、コニに400億ウォンを盗まれて狂奔したアグィ(キムガブス)はナンスクを人質として拉致し、コニを呼び入れる。アグィが張った罠にかかってコニとナンスクの命が危なくなる瞬間、ヨンミンが現われてアグィ一党と血闘をするようになる。

その渦中にアグィがナンスクに銃口を向けると、ヨンミンはナンスクを身体で守り、弾に代わりに当たる。これまで寂しく育てて来た悲しい愛の終末を、自らの命と変えること。

20日、京畿道高陽市近郊のビニールハウス賭博場で進行された撮影でキムミンジュンは、ヨンミンのキャラクターに深く沒入し、この場面の録画が終わった後も暫く濡れた目を隠すことが出来なかった。

キムミンジュンは「去る何ヶ月間をヨンミンにハマって生きて来た。」「長い間忘れることが出来ないキャラクター。」と終映所感を述べた。

キムミンジュンの他にも、他の人物たちの結末がどのようになるか、知りたい事が大きくなっている中に、「タチャ」の最終回は 25日放送される。

イミヨン記者 mycuzmy@joynews24.com,

[joynews24]2008/ 11/ 24 09:26
posted by rika1999 at 17:04| ■SBSドラマ「タチャ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。