2008年02月28日

【韓国タイヤCF】'ドライビングエモーション' 3次広告キャンペーンランチング

2008-02-2800000010_93701.jpg
トレンディなスターたちを先に立たせ、消費者たちの感性と耳目を引いた韓国タイヤ(代表取締役ソスンファ)の3次広告キャンペーンが ‘足のスキンシップ’という新しいコンセプトで、2008年三番目シリーズを披露する。

今回の広告キャンペーンは、柔らかい走行感と貞淑性を強化した最高級仕様のプレミアムタイヤXQ Optimo novaと高速走行、及び急コーナリング時の走行安全性を高めたVentus S1 evo)、そして卓越な駆動力と突破力でオフロードでも優れた走行性能を発揮するDynapro MTを新しく発売して製作された。

今回の広告キャンペーンの核心は、タイヤがドライビングの為の道具ではなく、ツマ先で感じるようになる‘ドライビングエモーション’を、そのまま運転手に伝え、タイヤと運転手が一体になる存在ということを表現するのに重点を置いた。

つま先に伝わるドライビングの鮮やかさを伝える今回の広告キャンペーンの撮影は、南ア共和国オールロケで進行、 特に70人余りのスタッフとヘリまで動員されたメイン広告撮影場面は、ブロックバスター映画を彷彿とさせる。

韓国タイヤの3次広告キャンペーンモデルには、2次時のキムアドュン、チュジンモカップルに引き続き、トレンドセッターで落ち着いた俳優チョンリョウォンとキムミンジュンがキャスティングになった。 彼らは生まれつきのスタイルと繊細な感情表現で、韓国タイヤのブランドをより若く、粹に導くに値するモデルとして劣らないという対内外的な評価を得ている。

また、撮影現場で見せたチョンリョウォン特有の柔らかくて繊細な表情と、足の裏が一面傷だらけになるように裸足で泥を跳ね上げ、尖ったような砂利の上を走る役を身代わりなしで臨んだキムミンジュンのプロフェッショナルな演技によって、今回の広告キャンペーンの完成度はより一層高くなった。

ブランド担当キムセホン常務は「既存の韓国タイヤの広告キャンペーンから続いて来たコミュニケーションコンセプトである‘ドライビングエモーション’は、単純に機能的優秀性ではなく‘タイヤ’によって運転手が感じるようになる感性的便益にその焦点を合わせて来た。 今回ランチングになる三番目の広告キャンペーンもやっぱり、‘素足を通じて運転手が直接的に感情移入になる姿を表現するのに重点を置き、運転手とタイヤが一体になり、道を感じてそれによって‘ドライビングエモーション’を持つようになる状況を、感覚的に演出するのに主眼点を置いた。」と説明した。

一方、韓国タイヤの新規広告は3月1日から空中波TV、ケーブルTV、ラジオ、及び印刷媒体を通じて会える。





【Making】


リュセヨン記者 〓 Copyrightc。 ACROFAN

[acrofan.com]2008.02.28.18:30

2009-01-04 18:35:13up
posted by rika1999 at 18:30| ■CF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。